『時間がなくてもだいじょうぶ』は勇気と元気の言葉

絵本「鏡の中のぼく」を使った授業で
自分を応援する言葉を書く欄に、

『時間がなくてもだいじょうぶ』

と書いている児童がいました。

「それは、どこかの場面を思い出して書いてくれたの?」

と聞いみると、

算数の問題が解けなくて、
時間をみるとあと5分で、
そんなときに、あと5分だからと焦って解いて間違えるより、
落ちいて解いて正解の方がいいなと思い
そんな言葉を自分にかけたら、
気持ちが落ち着いて解けたことがあった
という経験から来ていた言葉だと教えてくれました。

だから、この言葉をかけると
勇気や元気がでるんだそうです。

 

「がんばれ」
「大丈夫できる!」

そんな言葉一つ一つにも、
それぞれに理由や背景があって、
その背景を想像しながら関わることの大切さを
再認識させてもらった一日だった気がします。

宇和津小学校のみなさん、
今日はありがとうございました!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP