かがぼく授業に行ってきました

今日は、絵本「鏡の中のぼく」を使った
授業で宇和島市内の小学校にお邪魔しました。

FM愛媛のアナウンサー 高橋真実子さんと一緒だったので、
(一緒に活動しています。)
絵本は真実子さんに読んでいただいたのですが、

途中から、ひとりの児童が泣いていました。

絵本「鏡の中のぼく」を読んだ多くの大人は、

「これは、子どもには難しいと思う」

そんな風におっしゃられます。
私も最初読んだ時、同じようなことを感じた一人なのですが、
授業に行かせていただくようになり、
それは、大人の思い込みかもしれないということを今まで以上に感じるようになりました。
今日もたくさんの児童が
いろんな角度から「鏡の中のぼく」の感想をお話してくれました。

毎回、子どもたちからたくさんのことを学ばせていただいています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP