経営者層、管理職層にこそコーチングは必須です

面談先でお伺いするお話(悩み)の中で、
一番多いのは「対人(人間関係)」とのこと。

部下の育成、上司・同僚との関係、
クレーム対応、マネジメント…

人の悩みの9割は人間関係だと言われるけど、
まさにそれを物語るようなお話を度々お聞きします。

そして最近増えているのが、
「ご自身」のこと。

つい言ってしまう自分の言葉が
今や、パワハラになりかねない。

これから先のことを想像すればするほど
自分自身が変化しないといけないなと思う…など。
(あくまで一例)

今日お会いした方が、

「経営者層、管理職層こそ、
変化に対応する力が問われている気がする。
だからこそ、コーチング研修を検討したいと思う。」

とおっしゃっくださいました。

今、企業に求められる能力は、
「変化に主体的に対応できる能力」
だとも言われていますが、

時代の変化(人の変化)に対応していくためにも、
その方がおっしゃられたように
経営者層、管理職層にこそ
コーチングスキルは必須になってきているのかもしれません。

 

※全然関係ない写真だけど…
牡蠣が好きすぎて、牡蠣と一緒に記念写真♡

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP