こどものきもちと大人のきもち

気持ちって、目に見えない分
感じた人のフィルタを通ってしまうと
いろんな解釈があると思う。

 

大人は、
特に、お母さんやお父さんって
大切なわが子が
困っていたり、苦しんでいたら、
なんとかしてあげたいと必死になったり、
悩んだり、子ども以上に苦しんだり…

 

そんなお父さんやお母さんをみて
子どもは、逆に
お父さんやお母さんを
困らせないように、苦しませないようにと
我慢したり、いい子になったり…

時に、そんな自分になってしまうこともあると思う。

 

小学生の頃、いじめにあってた私は
お母さんやお父さんを苦しませないように
悲しませないようにと
いじめられていることを
ずっと黙っていたことがありました。

 

#

 

先日、たまたま出会ったある子が

「本当は嫌なんだけど、
まわりが悲しまないようにするために
自分が我慢すればいいのかなって思ったら
そんな行動をとってたの。
でも、本当は心の中はモヤモヤしてるんだけどね…」

そんなことを話してくれました。

どっちのきもちも、
相手への思いやりからきているものかもしれないけど、

でも、そのきもちが
結果、苦しめあってしまうことに
なることだってあると思う。

だとすると、やはり、
コミュニケーションを学ばない理由なんて、逆にないのかもしれないな。

 

 

写真は、内容とは関係ないけど
オシャレだったので…

先日行ったお店で飲んだノンアルのシャンパンです♡

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP