こうあるべきをどう扱うか

人には、過去の経験や価値観から

 

「こうでなければならない」とか
「こうあるべきだ!」みたいなマイルールが存在しています。

 

それに対して、良い悪いはないのだろうけど、
過去の私には、それがだいぶマイナスに作用していて、

 

やりたいことがあっても、
踏み出せない自分がいたり
チャレンジできない自分がいたり、
一歩進めない自分と戦っている時期がありました。

 

要するに、当時の私は、

 

「こうでなければならない」とか
「こうあるべきだ」という思い込みは

悪いものだと決めつけていたのだと思います。

 

 

でも、見る角度を変えると、実際は、

「こうでなければならない」や
「こうあるべきだ」のおかげで、

大きく行動できている自分がいることもあったり…
なんだか不思議でした。

 

 

最近の自分はというと、
自分の行動を妨げていると思っていた

 

 

「こうでなければならない」とか
「こうあるべきだ」のおかげで
ますます楽しく活動できるようになりました。

 

結局は、そこに白黒つけるのではなく
それとどう付き合って行くかが重要なのかもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP