愛南町の小学校で「鏡の中のぼく」

今日は、愛南町の柏小学校で
絵本「鏡の中のぼく」を使った参観授業を担当させていただき、

全校生徒33名のみんなと
“もっと自分を応援できる方法”について考えてみました。

みんなから出た言葉に、

「鏡の中の自分にそんな言葉をかけられたら、どんな気持ちになりそう?」

「応援の言葉をかけられた、鏡の中のわたしはどんなお顔をしてそうかな?」

そんなことを問いかけながら
進めていったのですが、

話しをしながら、

表情が和らぎ、笑顔になっていく子、

照れくさそうだけど
どこか、自信を感じさせる口調でお話してくれる子、

「さえさん!」と声をかけてくれて、
書いているメッセージを教えてくれる子、

一人一人の表情の変化が
私の心に強く残っています。

途中、私の失敗から始まった
ハプニングもありましたが、
すべてをプラスに変え、さらに進化させ
次回の授業に臨みたいと思います。

柏小学校のみなさん、
今日はありがとうございました!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP