9年間、1度も選択しなかったこと

細々ではありますが、
起業して、まもなく10年目に突入しようとしています。

 
決していい数字を残し続けられているわけではないけど、
細くても、こうして継続できているのは

 
“諦める” を選択しなかった結果だと思います。

 

 

 

数年前まで雑誌を作っていたので
発行月は、毎回、
「さすがに今回は無理かもしれない…」
毎度毎度そんなことを考えていました。

 

でも、実際は6年間一度も発行できなかった月はありません。

 

 

理由はただ1つ、

 

 

“諦めなかった” から。

 
「さすがに今回は無理かもしれない…」と思った時に

 

 

これ以上広告を売る手段がわからない!

もう無理だ!

 

 

と言って、
省エネモードに切り替え「売れない理由」、「行動しない理由」を作り、
自分に制限をかけて、諦めていたとしたら…

 

 

きっと今はないと思います。

 

 

 

例えば、

 

“自信がない” と言って行動しないことも
自信がない自分を信じ、行動しないという選択をしているのかもしれません。

 

 

“モチベーションが上がらない” と言って行動しないことも
湧きあがろうとしているモチベーションを、最もらしい理由をつくり
湧き上がらせない選択をしているのかもしれません。

 

気持ちも行動も

 

「出来ない」

「しない」

 

という選択をしてるのだとしたら、
今起こっている出来事はすべて

 
自分が選んだ結果に過ぎないのかもしません。

関連記事

  1. トラストコーチング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP